あずの道具箱。

ほぼポケモンのことしか書いてません。色違いポケモンマニア見習いです。

ポケモン・ムーンプレイ記。#7

ポケットモンスタームーンプレイ記の第7弾です。
今回は13番道路~ウラウラ島大試練までのレポとなります。
ようやくアセロラちゃんのターンが回ってきました!
この記事も心なしかアセロラちゃん成分多めです。
それでは以下から続きをどうぞ(*^^*)


13番道路にてグラジオと再会。
ハウから「でたー!」扱いされるグラジオって…^^;

f:id:whiteheki:20170101043231j:plain

コスモッグに何かあればアローラが危ないとグラジオは言いますが、言葉が足りないせいでイマイチどれくらい危機なのかが分かりづらいんだよなあ。

f:id:whiteheki:20170101043432j:plain

逆に言うと、どうしてグラジオがコスモッグのことを知っているってことにもなりますよねコレ。

カプのむらの草むらでユキワラシを見かけたときは「どうしてこんなところに!?」と一瞬思ってしまいました。
寒いところとか、雪の降っているところにユキワラシがいる印象だったもので…。
雪山なラナキラマウンテンの麓だから、意外とここは涼しい場所なのかも?

アセロラちゃんはエーテルハウス…言うなれば児童養護施設に住んでいるんですね。
昔栄えていた一族の娘なのに、今はもう身寄りもない…落ちぶれた一族の末路って感じで重いです。
アセロラの腕にある金の腕輪はもしかしたら遺品なのかもしれませんね。
でもアセロラはそんな自分の境遇を悲観することなく、立派にキャプテンを務めていてすごいなぁと思いました。
施設の子たちにも慕われてるし、明るく元気だし、いい子やなぁアセロラちゃん(;_;)

f:id:whiteheki:20170101050001j:plain

「試練しちゃえば!」と気軽に言うアセロラも可愛い。

f:id:whiteheki:20170101050153j:plain

バトルに勝ったのに、ヤングースに噛まれるハウが不憫。
懐かれてると解釈していいのかな?
というか奥にいるヤレユータンの存在感がすごいんですが…!
コイツ…中に人が入ってるんじゃね?

f:id:whiteheki:20170101050700j:plain

リーリエが素直にアセロラの提案を受け入れましたが、リーリエってエーテル財団から逃亡したんじゃなかったっけ?と少し違和感を感じました。
エーテルと名がつく施設なのだから、財団員がいる可能性は考えなかったのかな。

アセロラの試練会場はスーパー跡地にて。
BGMがまるで壊れたラジオのように不安定で、いいホラー感を漂わせてます。
こういう廃墟感溢れるダンジョンは結構好きです。
怪現象の影にピカチュウあり、と言うかのようにピカチュウがちょいちょい画面を横切るのは何なんだろう…。

f:id:whiteheki:20170101052030j:plain

こういう場所で見るぬいぐるみって怖いよね…。
ピカチュウは分かるとして、なぜもう一対が島スキャンでしか出てこないマリルがセレクトされたんだろう。

f:id:whiteheki:20170101052424j:plain
f:id:whiteheki:20170101052510j:plain

ぬしの間にはピカチュウのポスターがたくさん。
ミミッキュがこれを眺めて、自分もこんなふうにみんなに人気者で愛される存在になりたい、と思っていたのでしょうか。
そう思うとせつないです(´;ω;`)ブワッ
2枚目のが初代サトシとピカチュウに見えるのですが…まさかね?
これを撮影してるとき、ミミッキュの自己主張が激しく「ミミッキュ!」と鳴き声がものすごい聞こえてきて、まるで「こっちだよ、早く気付いて!」とでも言いたげで可愛いな~と思いました。

f:id:whiteheki:20170101052802j:plain

ぴょんぴょん跳ねてるミミッキュ可愛い!

f:id:whiteheki:20170101052850j:plain

で、気付いて写真撮ったらこれだよ!
可愛いから一転ホラー要素になる変わり身の早いこと…((((;゚Д゚))))

ぬしはミミッキュ。
向こうの全能力がアップした状態でスタートです。
仲間呼び封じ対策なのか、ラム持ちでした。
特性のせいでこっちの一発目の攻撃が必ず無効になるのはちょっとめんどくさかったですが、ミミッキュ自体の耐久はそれほどじゃなかったのでよかった?のでしょうかね。
こちらは防御の高いレアコイルで挑んだので、ミミッキュの「シャドークロー」も確3くらいの範囲で受けきれました。
仲間として出てきたゴーストも、固定ダメージ「ナイトヘッド」が若干ウザかった程度です。
ポケリゾートで努力値振りはしていたので、ミミッキュもゴーストも「ラスターカノン」一撃で撃破!

f:id:whiteheki:20170101054004j:plain

第6の試練クリアです!

f:id:whiteheki:20170101054534j:plain

アセロラちゃんの笑顔はいいですね~(*´▽`*)

f:id:whiteheki:20170101054637j:plain

アセロラの可愛さは正義。

Z技のポーズだってアセロラちゃんにかかればこんなに可愛くなっちゃいます!
私自身がゴーストタイプ好きなのもあって、本当アセロラちゃんは好みストライクなキャラです!
猫みたいな口してるのも可愛いポイントの一つだと思っています。
アセロラのポーズを見て、ゴーストZ技って男女で違うポーズなんだな、と気付きました。
サトシがアニポケEDでやってる振り付けとは違っていたので…他にも草やフェアリーも男女で違うみたいですね。
ゴーストのZ技は日本版では「むげんあんやへのいざない」ですが、英語では「Naver-Ending Nightmare」となってて、英語のほう厨二病感すごいけど割と好きだなー私はと思いました。

f:id:whiteheki:20170101054759j:plain

ん?じゃあ私がミミッキュと戦った場所は一体…?
というか主人公もうちょっと感情見せてくれてもいいんじゃないかなあ。
表情変わらなすぎて怖いぞ!

f:id:whiteheki:20170101054846j:plain

アセロラちゃんの驚き?顔も可愛いね!
背景が夕方から夜になりかかってるせいで冷えてきてもおかしくないようになっちゃってますね。
このあと柵の向こうにミミッキュが見えた気がする…(・・;)
あのミミッキュ、ホント何なんだろう…?

再びエーテルハウスに戻ると、スカル団の襲撃を食らっていました。
鬼のいぬ間に…とはまさにこのことですね。
ポケモンを返してほしくばポータウンまで一人で来い」とか、刑事ドラマみたいな真似してくれるじゃんスカル団!

f:id:whiteheki:20170101060500j:plain

こんなところでギーマさん発見。
アクロマといい、イッシュの人よく見かけますね~。
現実世界ではアローラとイッシュは同じ国だから比較的来やすいのかも?
モブの話聞くと四天王が過去形の話になっていて、まるで今はもう辞めたかのように受け取れました。
ギャンブルで大損しちゃって、でアローラに逃げてきたとか…ないか。
BWの服は赤黒で洋風ってイメージでしたが、SMでは白黒で和風って感じの人になりましたね。
下駄じゃなくて普通の靴だったのは…まあイッシュの人だから下駄は履き慣れないのかな。

16番道路のエーテルトレーラーにてジガルデを入手できるようになりましたが、セルの分離とかなんとかの説明が分かりにくくて、もう説明とかいいからとにかくいじらせろ!と思ってしまったのでした。
そしてジガルデのニックネームは「プニちゃん」以外ありえない!

ポータウンはスカル団に完全占拠され、荒れまくり落描きだらけの廃墟群のような街。
スーパー跡地といい、廃墟マニアの人なら楽しめそうなスポットが目白押しですね!
周囲を高い壁にぐるりと囲われていて、ちょっとした闇を感じました。
スカル団に占拠されたから壁で囲ったのか、はたまた始めからあったのか…。
ポケモンセンターも大荒れで、停電してるから回復に10円取られる仕様となっておりました。
受付嬢はスカル団だし、完全回復で10円と見れば安い…のか?

いかがわしき屋敷は全ての部屋に入ることができて、探索するのが楽しかったです!
やっぱ廃墟探検好きだわ~(●´ϖ`●)
したっぱの一人の「グズマは世界を壊したがっている、でも世界を怖がっている」というセリフに少し考えさせられました。
2階にはプルメリの部屋っぽいのもありました。
色あせたぬいぐるみは何を意味するのか…想像がふくらみます。
昔のぬいぐるみを捨てられずにとっておいている乙女なプルメリさんも悪くないゾ!

グズマに会うためには3つの合言葉が必要。
ちゃんと全部合ってたハズなのに最初通してもらえなくて「あれ?」と思っていたんですが、最後の問いは「NO!」と答えないとダメなんですね。
もしかしてどっかに見逃した抜け道とかあるんじゃないかと、屋敷中を捜索し直しちゃいましたよ(汗)
グズマの部屋に行くには屋根を伝って行かなくてはならなくて、そのためにわざわざ屋根に道まであって…そこまでする労力があるなら、道を塞いでいるシャンデリアかダンボールかをどかせよ…と思ってしまいました。
その屋根でしたっぱにバトル挑まれましたが…雨降ってるし狭いし、現実的に考えて危険極まりないなと感じました。
したっぱさん、ここはロマンチックな場所じゃなくてデンジャラスな場所ですよ!

グズマとのバトルも特に苦戦することはなかったです。
強いて言うなら私の手持ちがゴーストタイプばかりなせいで、アリアドスの「ふいうち」が意外と痛かった程度です。
アリアドスのAってどれくらいだっけ…あとで調べておこうっと。
ムシZも忘れずに回収して、屋敷からは退却。
Zクリスタルだけあんなに集めても、グズマさんはZリング持ってないから意味ないよなあ。

クチナシさんはアセロラちゃんに懐かれてるようで。
アセロラの「なんのためにいるんだよ」という言い方がなんとなく好きです。
「いるの」じゃなくて「いるんだよ」なのが、なんかいいんだよねえ。
ぴょんこぴょんこ跳ねるアセロラちゃんもキュートでした♪
ポー警察署にいっぱいいたニャースたちも、きっとクチナシさんが面倒見てるんだろうし…案外いい人なのかもしれません、クチナシさん。

f:id:whiteheki:20170110000720j:plain

エーエルハウスに帰還すると、皆を守るべくリーリエが自らスカル団について行ったということを聞きます。
強いトレーナーがいない間にまた襲撃決めてくるとか、スカル団というかプルメリさん頭脳派やなあ。
頭良くないとバカなしたっぱどもをまとめる幹部なんて務まらないか…。

f:id:whiteheki:20170110001200j:plain

黙ってれば普通のイケメンなのになぁ…。
あと八つ当たりでバトル挑んでくるのはやめて頂きたい!

f:id:whiteheki:20170110002646j:plain

なんだかんだハウのことも認めている様子。
なんかハウとグラジオっていいコンビになりそうな気がする。

f:id:whiteheki:20170110003135j:plain

マリエシティの港でハウを待っていたら、突然クチナシさんが現れ唐突にウラウラ島大試練が始まってしまいました…。
えーこんなんありなんですかー!?
今までの大試練とは雰囲気が全然違うんですけど!

f:id:whiteheki:20170110002934j:plain

ボールの投げ方も佇まいも気だるけなクチナシさん。
手持ちポケの性別が全部♀なのがお茶目。
アセロラちゃんといい、女の子に懐かれやすい人なのかな。

クチナシさんの手持ちはヤミラミワルビルペルシアン
私はアブリボン、レアコイル、ジュナイパーでチャレンジしました。
ヤミラミは初手ねこだまし仕掛けてきましたが、こっちのアブリボンの特性がりんぷんだったので怯みを回避し、返しのマジカルシャインでKO。
続いて出てきたペルシアンにはレアコイルをぶつけました。
向こうのほうが素早いだろうと「でんじは」を選択しましたが、いきなり悪Z技が飛んできて、倒れはしなかったけども超焦りました…。
レアコイルの「ほうでん」でも「ラスターカノン」でもペルシアンをギリギリ一撃で落とせなくて、なんやらかんやらしていたらクチナシさんがレアコイルの電気技読みワルビル交換をしてきてびっくりしました。
今回のAIすごいなあ!
まあそのとき選択してたの「トライアタック」だったんですけどね、残念!
ワルビルの「じしん」も絆パワーで耐え、ワルビルレアコイルで撃破。
ラストのペルシアンは体力が赤ゲージだったので、ジュナイパーの「ふいうち」で締めてエンドです。

f:id:whiteheki:20170110003721j:plain

ウラウラ島大試練クリアです!

f:id:whiteheki:20170110003808j:plain

悪Z技のポーズを教えてもらったあとの妙な沈黙は一体何なんだ…。
グラジオにいたっては「うわあ…」みたいな顔してるし!
この少し内股な感じのポーズがいけないのでしょうか…。


現在のパーティ↓

・ジュナイパー♂(もっくん) Lv45
レアコイル(いーちゃん) Lv45
・アブリボン♀(りーさん) Lv43
ランプラー♀(しーちゃん) Lv43
ニダンギル♂(ひとさん) Lv41
・スナバァ♂(すーちゃん) Lv38

長らくヒトモシでしたが、ようやくランプラーに進化しました。
シャンデラへは頃合いを見計らって進化させようと思っています。
ニダンギルはこのまま輝石ニダンギルとして頑張ってもらうつもりなので、あと変化が残されているのはレアコイルランプラー、スナバァですね。
レアコイルはポニ島じゃないと進化できないんだよな~(・・;
レアコイルのままでも十分戦えるから、進化させなくてもいいかもしれない…。

次はリーリエを救うべく、エーテルパラダイスに殴り込みです。
グラジオについて行くまま乗り込んだものの、当のグラジオがノープランみたいですが大丈夫なんですかねぇ…。

読みにくい文章ですが、ここまでの閲覧ありがとうございました!

次↓
whiteheki.hatenablog.com

バックナンバーはこちらからどうぞ!