あずの道具箱。

ほぼポケモンのことしか書いてません。色違いポケモンマニア見習いです。

ポケモン映画・水の都の護神ラティアスとラティオス 感想。

f:id:whiteheki:20170717164214p:plain

映画公式サイトやツイッターでの投票で見事推し映画1位となった「水の都の護神ラティアスラティオス」がTV放映されていたので、リアルタイム視聴してきました!
きっと1位になるのは無印編の映画なんだろうなと思いつつも、私はルカリオに投票してました。
ただミュウツーとかセレビィエンテイあたりだろうと予想していたので、ラティはやや予想外でした。
かれこれ10年前、ポケモン映画10周年記念のときに過去の映画を夏休みの昼間に毎日1本ずつ放映してくれていた時期があったのですが、そのときラティの映画だけ見逃してしまったので丁度よかったです。
地上波で一挙放送なんて、今じゃもう無理なのかなぁ…(TдT)
今年の映画ですが、まだ観に行く予定を決めていません。
面白そうなので、できるなら早めに観たい気持ちはあるのですが、昼間は子供でうるさいだろうからレイトショーかもしくは9月の初週か…と考えています。
それでは以下から感想です!
長くて読みづらいかもですが、よろしければこの先どうぞ。


映画が始まる前に15分くらいしょこたんと本郷さんのトークがあったのですが、「早く映画やってくれよ~」と少々思ってしまったのは内緒。
そのトークでラティ映画ラストシーンのネタバレするし…ずっと前の映画とはいえ初見の方だって少なからずいたかもしれないのに、そういうのは映画のあとに言ってくれ!
このトークを見て、本郷さんが結構ガチなポケモンファンだということを初めて知りました。
ここで放送された「キミに決めた!」の映像でマコトはフタバタウン、ソウジはトバリシティ出身ということを聞いて、真っ先にヒカリとシンジが頭に浮かんでしまいました。
フタバタウン出身者ポッチャマ好きすぎじゃないですかね…?
ヒカリ、ケンゴ、ジュン、そしてマコトで4人目か(^_^;)
ナレーションがククイ博士の方だったのに地味に驚いてしまいました。
CMに入る前や後に、それぞれ歴代映画の投票コメントがあって興味深く見させて頂きました。
ゲノセクトのときの「うちに帰りたい…と残業中に思う」のコメントが個人的ナンバーワンですw

映画の冒頭シーン(「ポケットモンスター、縮めてポケモン…」のくだり)をカットせずに放送してくれたのには好印象です。
ここから始まらないとポケモン映画を見た!て感じがしないんですよね。
ここらへんのシーンでポリゴンさんがいた気がする…。

最初の伝説?伝記?を読んでいたのってお母さんと女の子じゃなかったっけ?
記憶違いか、それともカットされたか…?

やはり推し映画1位に選ばれるだけあって、アルトマーレの町並みは見ていて飽きないです。
水と街が一体化してるのがすごく素敵だし、一歩路地へ入ると生活感があるのがいいと思います。
路地の床に描かれてるラクガキが気に入っています(*^^*)
きっちりしすぎてもなく、かといって荒れている感じでもなく…程よく雑多な雰囲気がリアルだなと感じました。
背景に手描き感が感じられるのがよかったです。
今でこそCGとかデジタルでもできちゃうけど、こういう手描きな雰囲気も味があるよなぁと思いました。

動いて喋るタケシとカスミを見るのが久しぶりすぎて、それだけでもう軽く感動です!
ラティの映画ではあまり出番はありませんでしたが…^^;
自分たちが柵に阻まれて動けない中、ポケモンたちに「サトシを助けてやってくれ」と気持ちを託すシーンには、仲間を助けたいという2人の強い思いにグッとくるものがありました。
枕を抱きしめて寝るタケシが可愛かったです(#^.^#)

ポケモンたちも安定して魅力たっぷりでした!
水上レースのときのネイティ&ネイティオスターターが可愛すぎてツボりました。
公園の蛇口で水浴びするピカチュウもよかった…!
ピカチュウの「ちゃあ~」て声が本当に可愛い。
その前の自分で蛇口をひねれなくてがっかりするピカチュウも可愛かったですが。
意識を失ったラティオスを運ぶアリアドスがなんか好きです。

今回の主役であるラティオスラティアスの2匹も素晴らしかったです。
まずラティアス可愛い。気に入った人には懐っこいところとか、ちょっとイタズラ好きのところとか超可愛いです。
人間に化けた姿もイイ!見た目はカノンと同じなんですが、所作とかでなんとなく違う感じがするんですよね。
カノンの姿をしたラティアスを追っているときのBGMが気に入りました。
アコーディオン調なのがアルトマーレっぽくて(・∀・)イイネ!!
声的にはラティアスフシギダネミズゴロウヒコザルツタージャフォッコモクローだなんて…中の人すごいなー。
妹を守るために身体を張るラティオスがかっこよかった!
網に捕まって上手く動けないのにも関わらず、その上手く動けないなりに敵を妨害してなんとかラティアスを逃がそうとするラティオスが健気でした。
「早く逃げろ!」とばかりに吠えるラティオスに胸が締め付けられました。
最後に消えてしまうときラティアスの手を少し引っ張って、それからスッと光となっていくシーンは目からハイドロポンプものでした。
美しい兄妹愛だ…。゚(゚´Д`゚)゚。

そして色々と未だに物議を醸しているあのラストシーン、あれカノンともラティアスとも受け取れるように表現してあるんですね。
う~ん憎らしい!
でも私はどちらかというとラティアスだと考えている派です。
サトシとカノンよりも、サトシとラティアスのほうが私はしっくりきます。

ここまでの閲覧ありがとうございました!