あずの道具箱。

ほぼポケモンのことしか書いてません。色違いポケモンマニア見習いです。

東京ビッグサイトに行ってきました。

f:id:whiteheki:20180225120656j:plain

2/25に開催された同人誌即売会に一般参加するため、東京ビッグサイトに行ってきました!
同人誌即売会に参加するときはいつも「自分がちゃんと楽しめるのか」と不安でいっぱいで、当日もそればかり考えてました。
移動中も目的地に近づくにつれ心臓のあたりがキリキリしてました(;´Д`)
おそらく楽しめるのか=目当ての本が買えるのか、だと思うのですが。
この手のイベントには何度も参加してるくせにいつもこの状態とか、私メンタル弱すぎだよ…。

f:id:whiteheki:20180225120501j:plain
f:id:whiteheki:20180225120514j:plain

ビッグサイトの建物はいつ見ても個性的だなぁと思います。

f:id:whiteheki:20180225121035j:plain

東京ビッグサイトもとい国際展示場へはゆりかもめを使用しました。
列車内には自分と同じような雰囲気の方がたくさんいて、もしかして目的地いっしょかな?と思っていたら案の定皆「国際展示場正門」でドッと人が降りて若干脳内でニヤけてしまいました。

国際展示場正門駅を降りると、東京ビッグサイトへ向かう人の流れがすごいこと!
着いたのが午前10時過ぎで既に開場していたので、流れは滞りなく進んでいました。
様々なジャンルのオンリーイベントが並行して行われているからこそこんなに人が集まっているのでしょうね。
ジャンルは違えど、この人の波にいるのはみんなオタク…と思うと不思議な気持ちでした。
あと東京ビッグサイトのホールに行くまでがかなり迂回したルートで、歩きながら「いつになったら会場着くの!?」と思ってました。
自分の後ろを歩いていた人達も同じようなことを考えていたようで「きっと海を見てこいってことなんだよ」と話していたのを覚えています。

会場に着いたらホールの中には多くの人、人、人!
コミケほどじゃないにしてもかなり混雑してました。
人混みの中にコスプレイヤーもチラホラいて、即売会らしいカオスな感じでした。
まず自分の現在地を把握するのに戸惑い、そして目当てのジャンルの場所に移動するのもやや苦労しました。
広いホール、人の波をかき分けながら進むのは楽じゃないぜよ(^o^;)
ホールに着く前にスタッフさんに会場見取り図を貰ったはずなのに気がついたときにはなくなってました…多分どこかに落っことしたんだろうなぁ。

目当てのジャンルに着いたら、あとは本を買うだけ。
交流とか差し入れとかもしない(できない)タイプなので、本当にただ単純に欲しい本を買うだけでした。
事前にチェック入れていたサークルさんの本はおおよそ買うことができました!
今回初めてとあるサークルさんに「この机の上にある本全部1冊ずつ下さい」て言っちゃった興奮が今も覚め切らないです。
絨毯買いとは違うし…なんて言うんだろうなこういうの。
サンプルの時点でどの作品もとても惹かれるものを感じて、イベント前日「読めなくなったらイヤだし…全部買っちゃっていいのだろうか…買っちゃう?」とかうだうだぐるぐる考えて、結果実行してしまいましたとさ。
サークルさんに変なやつとか思われてたらどうしようかと思ってましたが、どうもそれは回避したようでホッと一安心。
こういう場に来るとつい浮かれた気持ちになっちゃってチェック入れてない本もついあれもこれも買いたくなるのですが、こういう買い方は経験上大抵失敗するので、余計なものは買わぬようグッと堪えてました。

f:id:whiteheki:20180228013702j:plain

今回の戦利品をツンデツンデ…ではなく積んでみた。
流石に表紙を載せると晒しになるので断面で失礼します。
厚さ比較用にモンコレモクロー置いてみました。
ざっと見て10冊以上か…結構買ったな~。
いくら使ったか…なんていうのは考えちゃいけない(白目)
ちなみにまだ中身は読んでません。今度の休日にじっくり読む予定です。

ホールの中には食べ物を売っているブースもありました。
メロンパンやらチョコバナナ等女性が好みそうなスイーツが売られていて、お店の目論見(?)通りたくさんの女性が群がっていました。

f:id:whiteheki:20180226000158j:plain

まあ私も釣られた1人なんですけどね!
だっておいしそうだったんだもん(´・ω・`)
苺の甘酸っぱさと大福の甘さがマッチしててとてもおいしかったです。
これを買ったら丁度小銭がなくなったので、いいタイミングだと思い撤退しました。
それが12時くらいだったから…会場にいたのはだいたい1時間半ってところかな?
前述の不安も杞憂に終わり、個人的には楽しいイベントとなってよかったです。