読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あずの道具箱。

ほぼポケモンのことしか書いてません。色違いポケモンマニア見習いです。

ポケモン・ムーンプレイ記。#6

ポケットモンスタームーンプレイ記第6弾です。
今回はマリエシティはずれの岬~12番道路までのレポとなります。
発売から一ヶ月以上経ちましたが、とうとう今年中にストーリークリアできずに終わりそうです…。
せ…せめてバンクが解禁されるまでにはなんとか…!
それでは以下から続きをどうぞ(*^^*)


マリエのはずれの岬にいる振付師のオジサンに会ったことにより、ボールを投げる際のスタイルを習得するイベントが解禁されました。
ムーンだとマオちゃんと戦えると聞き、早速マオちゃん家に突撃!
ちなみにゲーム内での時間が昼じゃないとダメだそうです。

f:id:whiteheki:20161217013519j:plain
f:id:whiteheki:20161217013841j:plain

やっぱマオちゃん可愛い。

ゲーム始める前はどちらかと言うとリーリエやスイレン派でしたが、アニメとか見ていくうちにマオちゃんにだんだん傾いて参りました!
しっかり者だし、裏のない突き抜けた明るさを持っているので好感が持てます。
ぷくーとふくれつつも主人公を褒めてくれるマオちゃんホント可愛い(^^♪
マオの手持ちポケモンボクレー、アママイコ、マシェード。
ゴーストも入ってるボクレーを使うなんて意外だなーと思いました。
カリキリは…ぬしのラランテスがいるからダメだったのかな?
スイレンのイベントもあるみたいですが、そのイベントが終わるとスイレンとは二度と会えなくなるらしいのでちょっとキープ中です。

寄り道を挟んで、10番道路に向かいます。
ここでまた小さな悪さをするスカル団を発見。
バス停を持ち去ろうとするとか…マジでアホなのキミたち…。
したっぱいわく、バス停の重さはゴローニャと同じくらいらしいです。

10番道路からバスでホクラニ岳へ。
山頂から麓へと続く道があったので、もしかして自力で下山できるのかと思っていたら、途中のゲートで通せんぼされてて降りられなかったです…。
あとやたらとガンテツボールが落ちていたのも気になりました。
…とくに意味はないんでしょうけど。
今作手に入るガンテツボールは一品限りなので、もったいながりな私は絶対に使えなさそうです…。

f:id:whiteheki:20161217041854j:plain

元キャプテンで、マーマネのいとこで、アローラのポケモンボックス管理人で、ホクラニ天文台の人で、ククイ博士の親友なマーレインさん。
ややくたびれた感じの見た目ですが、並べて書いてみると結構すごい人ですね(汗)
マーレインさんのことは名前だけは聞いていたのですが、音の響きから勝手に女性だと思いこんでいたので、本物のマーレインさんを見てビックリしちゃいました。

マーマネの試練は暗闇の中でスタート…ってそれでいいんかいな?
マーマネのキャラがアニメとだいぶ違ってて違和感バリバリです。
そしてドアを開けるために何故か音声クイズをさせられる羽目に。
クイズに間違えると主人公に…ではなくマーマネに電撃が行きます
「マーマネは強い子だから!」と頑張って耐えるマーマネがちょっぴり健気。
間違えると、マーマネと外にいるであろうマーレインさんとのやり取りを聞けるのですが、それが面白くてわざと間違えまくってマーマネをビリビリさせて遊んでました。
わざと間違えるのって楽しいなあ!

マーマネ「マーさん!このままではぼく電気タイプになってしまいます!」
マーレイン「マーくん!安心するんだ!電気タイプは麻痺しないんだよ!」

マーマネ「横に広がっていたのが縦に伸びそうです……!!」
マーレイン「マーくん!背が伸びたらマーさんと呼んだほうがいいかい?あれ?そうするとマーさんとマーさんになるね!」

…マーレインさん天然すぎない?

クイズの選択肢に
ナマコブシ
デンヂムシ
アゴジムシ
があったのですが、こうして見るとナマコブシが仲間に見えますね不思議!

「ヤッテキマッシャー!」と面白鳴き声と共に現れた今回のぬしポケモン、クワガノン
全能力一段階アップした状態でバトルスタートとなります。
マーマネは電気タイプ使いだから、地面タイプを用意しておけば大丈夫かなーと思っていたら浮遊だし、じゃあ炎で焼き払おうと思ったらオッカ持ちだし…何これ笑えない
一番ラクな道は岩Z技で吹っ飛ばすことなんでしょうかね~。
なんかムカついたので、オッカを消費させてからヒトモシの炎Z技「ダイナミックフルフレイム」でクワガノンは粉砕しました。
初めてZ技使いましたけど…やっぱりポーズが絶望的にダサいですね(・_・;)
フォントも、専用Z技みたいにそれぞれ作ってくれればよかったのに…。
仲間のデンヂムシもデンヂムシで、「スパーク」で麻痺を狙ってくるわ「どろかけ」で命中下げてくるわでかなりウザかったです。
私のヒトモシに自覚があってよかったです。

f:id:whiteheki:20161222045902j:plain

第5の試練クリアです!

その後はククイ博士に会うため、再びマリエ庭園へ。
スカル団に絡まれてもちっとも動じない博士すごい!
スカル団ボスであるグズマさんとも初邂逅です。
ククイ博士はキャプテンに「なれなかった」ではなく「ならなかった」のですね。
島巡りという風習をくだらないと思うグズマの気持ちも分かります。
試練をもしクリアできなかったら、ずっとそのレッテルを背負わなくてはいけないのでしょうか?
システムが古臭いと思うし、現代世界にはもう合わなくなってきている可能性もあります。
ましてや主人公なんて元々アローラ外の人間…正直私だったら「アローラ人じゃないのに、なんでそんなことをしなくちゃいけない?」て思いますし。
だからグズマの「何故島巡りをする?」の問いに対しては「それを探している」と答えておきました。
グズマの手持ちポケモングソクムシャにアリアドスと、どうやら彼は虫タイプ使いの模様。
グソクムシャのことをコソクムシの進化形だと知っていたくせに、何をトチ狂ったのかニダンギルの「かわらわり」を叩き込んで、効果がいまひとつで「あれえ?」となっていました。
水と虫タイプだから格闘はいまひとつなのに、何をやってんだか…。
オムスターガメノデスあたりと混ざっちゃったのかなぁ(-_-;)
グズマが負けたときに「何やってんだグズマァ!」と、まるで他人の目線から自分を責める姿が印象的でした。

f:id:whiteheki:20161229174838j:plain

マリエ庭園から出て、また戻ってみたらカントーのゴールデンボールブリッジ化してて吹きましたw
こんな短い橋に5人もひしめき合ってるとか、すごいシュールなんですけど…。
出してくるポケモンカントーのばかり。レベルはそれなりにあったけど、ポケモンが未進化ばかりでものすごく弱く感じたのは私だけ?
まあカントーではバッジ2個あたりのところで出て来る橋で、それの再現なわけだから仕方ないですが…。

f:id:whiteheki:20161229175912j:plain
f:id:whiteheki:20161229175949j:plain

奥のベテラントレーナーは元ロケット団員なんですね。
アニメでロケット団が現在進行系で活動中だから、ゲームのロケット団が解散しているってことにイマイチピンと来ないです。

f:id:whiteheki:20161229174450j:plain

ロトム可愛い。
ハプウからバンバドロライドを登録してもらいましたが、ゴツゴツ道がもしなかったらバンバドロいなくてもいいよなーと少し思ってしまいました。


現在のパーティ↓

・ジュナイパー♂(もっくん) Lv41
レアコイル(いーちゃん) Lv40
・アブリボン♀(りーさん) Lv38
ヒトモシ♀(しーちゃん) Lv38
ニダンギル♂(ひとさん) Lv36
・スナバァ♂(すーちゃん) Lv28

ヒトツキニダンギルになりました。
しんかのきせきを持たせているので、ますます要塞っぷりに磨きがかかりそうです。
前回まで6枠目にいたヒドイデをoutさせ、代わりにスナバァをinさせました。
ヒドイデは好きだけどドヒドイデがあまり好きになれなかったのでパーティから外しました。
あのヒドイデのメカクレ気味な顔が好きなのに、ドヒドイデなんであんなに本体がちっちゃくなっちゃうんだ…。

f:id:whiteheki:20161229175549j:plain

最後にかっこいいジュナイパーの「かげぬい」を貼ります!

今年の更新はこれにてラストとなります。
よければまた来年も当ブログを見に来て下さると嬉しいです。
それではここまでの閲覧ありがとうございました!

次↓
whiteheki.hatenablog.com

バックナンバーはこちらからどうぞ!